「弁護士 布施辰治」有料試写会スケジュール

ドキュメンタリー映画「弁護士 布施辰治」 6月14日(月)・6月18日(金) 場所:(大阪)伊藤塾 法学館憲法研究所 大阪市北区芝田2-7-18オーエックス梅田ビル新館5F 時間:1回目15:00~ 2回目18:30~ (二日間共通) 問合せ:国民救援会大阪府本部 TEL:06-6354-7215 同 上:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドキュメンタリー映画 「弁護士 布施辰治」

“生きべくんば民衆とともに、死すべくんば民衆のために” 生誕130周年 ドキュメンタリー映画 「弁護士 布施辰治」 いよいよ完成! 「時代を撃て・多喜二」「赤貧洗うがごとき~田中正造と野に叫ぶ人々」に続く池田博穂監督作品第3弾 ドキュメンタリー映画 「弁護士 布施辰治」 「世の中に一人だって見殺しにさ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

NHK「歴史ヒストリア―小林多喜二」

今日は、多喜二虐殺から77年目の2月20日です。 ブログ『「蟹工船」日本丸から、21世紀の多喜二へ』管理人の佐藤三郎さんから案内をいただきました。 NHK「歴史秘話ヒストリアン―小林多喜二」の番組(2/24放送予定)の予告ビデオが、下記の同番組で公開されています!! お知り合いにぜひ視聴を案内お願いいたします!!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京芸術座公演「蟹工船」へのご案内Ⅱ

古い友人の東京芸術座OBから「蟹工船」公演の案内をいただきました。 「案内状」の一部を紹介して、東京芸術座公演「蟹工船」へのご案内第2弾とさせていただきます。  今年も間も無く、77回目の多喜二の命日(虐殺された2月20日)が巡って参ります。  東京芸術座は昨年、創立50周年を迎えました。その記念公演のしめくくりとしまして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「蟹工船」東京公演

東京芸術座50周年記念公演 蟹工船 原作:小林多喜二 脚色:大垣 肇 演出:印南貞人・川池丈治(客員)     (村山知義演出による) 2010年3月26日(金)~30日(火) 東京芸術劇場中ホール(池袋西口) 詳細は「東京劇術座」ホームページにて http://www.tokyogeijutsuza.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「弁護士 布施辰治」HP

おまちどうさま、ホームページ立ち上がりました。  お待ちかね、ドキュメンタリー映画「弁護士 布施辰治」製作委員会のホームページが開設されました。  撮影ニュースやスケジュール、「弁護士 布施辰治」がより身近に感じられるように、各界の方々による「布施辰治を語る」シリーズ掲載、もう一回り大きな支援の訴えなど、映画成功のために様々な情…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全国一斉労働相談ホットライン

全労連は、働くあなたを全面的に応援します!  「解雇・退職勧奨」「倒産・廃業」「賃金切下げ・残業未払い」「パワハラ・セクハラ」など、何でもOKです!  一人で悩まず、まず電話を!  ◆専用フリーダイヤル0120-378-060    (※各地の労働相談センターに繋がります)  ◆日時 11月30日(月)~12月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弁護士 布施辰治

「時代を撃て・多喜二」「赤貧洗うがごとき―田中正造と野に叫ぶ人々」に続く池田博穂監督作品第3弾 「弁護士 布施辰治」(仮題) 撮影快調。 社会派弁護士・布施辰治の生涯を映画化 ふせ・たつじ 宮城県石巻市出身。 明治法律学校(現在の明治大学)卒。 戦争が拡大し思想言論の自由が弾圧される中、 植民地統治下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新作映画「蟹工船」情報

新作映画「蟹工船」(監督SABU)7月4日(土)公開 いよいよ、7/4[土]全国ロードショーの映画 「蟹工船」の初日舞台挨拶付きチケットを6/27[土]からローソンチケットにて独占発売します! 東京近郊の3会場のみで実施される貴重な舞台挨拶です。 生で監督やキャストが見られるこの機会をお見逃しなく! 詳細は、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

文学は格差社会をどう表現したか

「蟹工船」・その以前と以後 日本近代文学館2009年度企画展1 開催日:6月6日(土)~7月4日(土) 展示内容 ・第一部 貧しい明治の庶民たち ・第二部 社会思想の目覚め ・第三部 「蟹工船」とプロレタリア文学―格差社会への抵抗と挫折 ・第四部 底辺からの視線 大正・昭和―大正・昭和の格差社会から 詳細…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

俳優座「蟹工船」

劇団俳優座創立65周年記念公演 第2弾 「蟹工船」公演 おい、地獄さ行くんだで! 死ぬか生きるか       もう一回! 5月15日(金)~24日(日) 俳優座劇場(六本木) 昼=13:30 夜=18:30 一般5250円 学生3675円 原作    小林多喜二 脚本・演出 安川修一 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2.20「おもいッきり!!イイテレビ」

「きょうは何の日」で小林多喜二 2月20日(金)11:55から放送が始まる日本テレビ系列 みのもんたの「おもいッきり!!イイテレビ」番組中の「きょうは何の日」コーナーで小林多喜二をとりあげる予定だそうです。 (1933年2月20日の出来事) 「21世紀の小林多喜二への手紙」ブログによれば、同番組が多喜二をとりあげるのは、1…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「時代を撃て」と「小林多喜二」

うかつにも知りませんでした。 岩波新書から「小林多喜二―21世紀にどう読むか」(ノーマ・フィールド著・09年1月20日第1刷発行)が出版されていますが、この本を発行するきっかけとなったのが、長編ドキュメンタリー映画「時代を撃て・多喜二」であったことを、岩波書店新書編集部の坂巻克己さんが、岩波書店のHPで語られています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「平和プラザ2009」その3

「平和フィールドワーク」詳細 3月8日(日)雨天決行 午前11時中央区役所前集合 (有楽町線「新富町」・日比谷線「東銀座」「築地」下車徒歩8分) 多喜二と東京大空襲 昨年、思いがけない大ブームとなった「蟹工船」の作者・小林多喜二は1933年2月20日、築地警察署で虐殺されました。死亡が確認された病院を含めて、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中央区「平和プラザ2009」その2

小林多喜二最期の地(築地警察署)中央区に集まろう! ●「蟹工船」とロスジェネの若者たち 小林多喜二(1903-1933) 彼の代表作は、時空を超えて、なぜ大ヒットしたのか。 貧困と社会正義。戦争と平和。彼の生き方、彼の足跡から今、考える。 3月7日(土)11:00~12:30 中央区立月島社会教育会館…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中央区平和プラザ2009

「蟹工船」「多喜二」関連もある「平和をねがう中央区民の戦争展」 日程:3月6日(金)~8日(日) 会場:月島社会教育会館ホール     (8日はフィールドワーク) 「蟹工船」関連 ●「蟹工船」とロスジェネの若者たち   月島社会教育会館ホール   3月7日(土)11:00~12:30  出演者 ダヴィッド・アント…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リバイバル上映を延長

映画「蟹工船」上映会(新宿)が大盛況! 1月10日から23日までの2週間、期間限定でリバイバル上映していた新宿武蔵野館は、連日の満席(2週間で約3000人の来館)があったことを受けて、急きょ、さらに2週間の上映延長を決めました。 同館のロビーには、「蟹工船ブーム」の記事も展示されている模様。 新宿武蔵野館 03-3354-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リバイバル公開決定!!

斡旋屋のピンハネ、非人間的な労働、モノ扱いされる労働者。 現代に通じる「ワーキングプア・格差社会」がここにあった。 小林多喜二、不朽の名作―人気沸騰!話題騒然!! 映画「蟹工船」 文学を、観よう★CINEMAで文学★ 1月10日(土)~1月23日(金)連日上映 上映時間 11:00 13:30 16:00…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

09年「多喜二祭」予定

ブログ「21世紀の小林多喜二への手紙」より 小樽、杉並・中野・渋谷、松山、神奈川七沢、秋田県、熊本、大館市、兵庫、阪神北など全国の「多喜二祭」の日程(1/9現在)が公開されています。 杉並・中野・渋谷の多喜二祭には「世界」2月号に「なぜ小林多喜二は虐殺されたのか」を発表された、萩野富士夫小樽商科大学教授が講演をされるようです…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

なぜ小林多喜二は虐殺されたのか

荻野富士夫小樽商科大学教授の、標記論文が「世界」2月号に掲載されています。 論文中で『「党生活者」の中で多喜二が鋭く言い放った「我々労働者は工場にいるときは搾られ、資本家の用事がなくなれば勝手に街頭に放り出され、戦争になれば一番先に引ッ張り出される。どの場合でも資本家のためばかりに犠牲にされている」という「貧困」と「戦争」をめぐる…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more